スマホを保護しやすい手帳カバータイプのケースと選び方

手帳カバータイプのケースが人気の理由

ユーザーの中にはスマホの手帳カバータイプのケースを好んで使う人が多いです。名前の通り手帳やブックカバーのような形状をしていて、機種端末を覆って損傷を受けにくくなっているのが特徴です。機種端末を取り扱う時に表面が滑らかで落としやすいことがあります。カバーを付けていれば液晶画面のガラスが割れにくく、塗装面に傷も付きにくいです。大切に使いたい方に向いています。特に持ち運びに気をつけたいなら、付属でストラップや、ストラップ等の取り付けができる金属パーツがが付けられている製品を選ぶといいでしょう。カバーの外面に本革や人工皮革が貼られていることもあり、若い方からシニアの方まで利用できるように工夫されています。指紋認証やスピーカー、カメラのレンズ用に窓が開けられているケースは、装着したまま利用できるので、いちいち取り外して使うこともありません。硬い素材で折りたたみができる場合は、スタンドとして置けることもあり、動画を視聴する時も固定したまま見やすい角度に置くことができます。

マグネット付きカバーを選ぶか否か

手帳カバータイプには、ケースのバンド部分にマグネットが取り付けられている製品があります。マグネットがあるとカバーの入れ口が開かないで閉じているために、よりスマホを傷つけにくくなるメリットがあります。ただし、スマホと一緒にクレジットカード等の磁気テープが付いたプラスチックカードを入れて持ち歩きたいという方は注意が必要です。マグネットの磁気でカードの磁気に狂いが生じて利用できないリスクも考えられるでしょう。最悪の場合は再発行をしなくてはいけない場合もあるので、できればマグネットが付いていないタイプを利用した方が良さそうです。どうしてもマグネット付きを利用したいのであれば、磁気を遮断する薄手のカードカバーもあるので、カードに装着して利用するといいでしょう。

全ての機種に合うタイプのカバーを利用する場合の注意

メーカーや機種ごとにカバーが用意されている場合は、それぞれの機種に合う大きさになっていて四隅を装着する形になります。非常に取り付けやすく、固定されたまま外れにくいです。一方、個々に対応しにくい機種を利用する場合、全てのスマホ機種に対応するタイプの手帳カバーを利用することになるでしょう。背面に当たる部分に粘着テープが付けられ、機種を装着して固定させて利用することになりますが、使っているうちに粘着力が弱くなり取れやすくなることもあります。その場合は、機種のサイズに合う背面に取り付ける形状のプラスチックカバーを用意するといいでしょう。両面テープで接着部分に取り付けるようにして、機種をプラスチックケースにはめて固定できます。プラスチックケースを介して接着することで、粘着力が低下しにくくなるでしょう。

ピックアップ記事一覧